Re:心のリールは回っているか

パチンコに関することを掘り下げていくだけのブログ

この宗教戦争はいかにして結論を出すのか 前編

現代世界は民族の多様性、多様な価値観が受け入れられるような時代に移行している。

 

 

しかし21世紀の現代においても宗教に起因する戦争は起こり続けている。宗教に起因していても政治的な利害も複雑に絡み合い混迷を極める情勢は16世紀前半のカッペル戦争、最大の宗教戦争と言われる三十年戦争とは大きくは変わっていない。

 

 

f:id:kokoronoreel:20180402095943j:image神聖ローマ帝国消滅の発端となる30年戦争

 

 

 

海外に比べると宗教や信仰に対するものが薄いと言われている日本に目を向けると安土桃山〜江戸初期に宗教戦争が起きている。代表的なものを挙げていく。

石山合戦(1570〜1580年)

f:id:kokoronoreel:20180402102541j:image10年続き、信長を苦しめた石山合戦

 

 

長島一向一揆(1570〜1574年)

f:id:kokoronoreel:20180402095805j:image  信長と3度の激戦、長島一向一揆

 

 

島原の乱(1637〜1638年)

f:id:kokoronoreel:20180402101116j:image幕府軍約13万人が投入された島原の乱

 

 

 

浜崎あゆみ物語序章(2011年〜)

f:id:kokoronoreel:20180402103704j:image

アニメリーチにおける時系列問題が論争となる浜崎あゆみ物語

 

 

 

浜崎あゆみ物語のアニメリーチ時系列問題は根深い。4種類のアニメリーチは何が先で、何が後か、多数の有識者が議論を交わしており、戦争寸前である。

 

要するに最初と最後は決まっているのだが2番目、3番目が決まらないのだ。図解したのでこちらご覧いただきたい。

f:id:kokoronoreel:20180402113658p:image

要するに絆が先か、奇跡が先ということで揉めているのだ。

 

これまでは②絆が先で③奇跡が後というのが通説であり、説得力を持っていた。

 

奇跡リーチは仲間割れの章であり、絆リーチの枕オーディション失敗からギスギスし始めて結果トラックへの投身自殺への至るのかスムーズであるという学説に基づく。

 

しかし、ダマカスオリハルコンダイヤモンド大学教授、スロッターズプレミアム客員解説員のげりチェ氏の学説は見事にそれを覆した。

 

 

奇跡リーチが先である。

絆リーチのダンサーズのオーディション会場への不法侵入は奇跡リーチでトラックに飛び込み死んだJINの霊体の手引き無くして有り得ない。霊媒現象の副作用としてayuの声が出なくなり、結果オーディションに不合格となったと考えるのが自然だ。

 

この説により一躍、奇跡が先説、有力となる。

しかし、私は絆先説論者として様々な要因を分析した結果新たなる説を発見するに至る。新説については次回、書きたいと思う。

 

つづく