Re:心のリールは回っているか

パチンコに関することを掘り下げていくだけのブログ

ドラムと化したエヴァンゲリオンに見るドラム論

f:id:kokoronoreel:20180623132108j:image

既報の通り、「CRどらむ☆ヱヴァンゲリヲンPINK」が正式にリリースされることが発表された。

 

 

 

livedoor時代の記事にあるのだが

 

ーそれではクソイラつく液晶演出と決別した時、リリースされるであろうCRドラムエヴァンゲリオンでお会いしましょう。ー

 

http://kokoronoreel.blog.jp/archives/1062136973.html

 

と書いたものの本当にやるとは思わなんだ。フリじゃねーぞ。

 

 

 

 

エヴァをドラムにする意義を考える

試打動画を見て思ったが、サウンドやロゴなどは割と昔に寄せているものの、やはりド派手なドラムアクションがメインだった。エヴァのスピンオフというよりはCRF.祭り・ザ・キングの後継機にも見える。

 

私は決して派手なドラムアクションが嫌いではない。前のガオガオキングはサウンドとマッチしているので派手な割に好きだ。

 

とはいえ、やはりクィーンに勝るものはない。エヴァをドラムにする意義とはシンプルに仕上げるところにあるのではないか?

 

失われたエヴァの魅力とは静寂の中に突如訪れる激アツ、その刹那にこそあるのだと私は思う。

 

ならば、特殊なサウンドや派手なドラムアクション=熱いといったバランスにしてくれまいか。通常変動から全消灯して暴走などしてSFの頃を思い出させてくれまいか。

 

でなければ液晶機と何を差別化したというのか。

 

 

 

 

 

版権モノとドラム

 

若い人には馴染みがないが大人気タレントのユンソナのドラム機があったりしたが、版権モノをドラムにする意味はなかなか見出せない。

 

 

 

f:id:kokoronoreel:20180625131621j:image

ただコブラザドラムは良い。好きだ。愛してる。何故だろう。コブラ自体好きなのもあるが、原作踏襲というより、この機械はとにかく突き抜けて明るいのだ。

 

 

 

 

 

コブラッキーwww」

ギュインギュイン(天運ボタンクルン)

 

 

 

これがコブラザドラムだ。

 

エヴァコブラのようには恥やプライドは捨てられないような気がする。つまり原作の世界観を捨てる覚悟をドラム機は求める。

 

エヴァぐらいの大物になると、液晶機の方がいいんじゃねーのという意見も多そうだがあえて切り口を変えて挑む「CRどらむ☆ヱヴァンゲリヲンPINK」に如何なる意義、意味、存在を見出すのか、打ち手として楽しみだ。

 

 

(了)