Re:心のリールは回っているか

パチンコに関することを掘り下げていくだけのブログ

どらむエヴァンゲリヲンPINK レビュー

 

我々は様々な固定観念を持って生きている。

 

それはパチンコにおいても同じだ。

 

超有名な版権モノをドラムにすることを愚行と呼ぶのか否か。人によってバラバラであるが、少なくともパチンコにおける固定観念からは逸脱した挑戦だということはこんなニワカな私にでもわかる。

 

液晶を削ぎ、役物を削ぎ、エヴァンゲリオンというコンテンツは試合前のボクサーにように研ぎ澄まされ、そして鬼が宿る。

 

自分でも何を言っているかわからない。

 

だが俺は打たなければならない。打ってこの狂って腐ったこのエヴァンゲリオンシリーズの墓標「どらむエヴァンゲリヲンPINK」に惜別の花を手向けなくてはいけないのだ。

 

f:id:kokoronoreel:20180829183356j:image

 

 

初打ちの感想だよ

キモくてすまん。レタスだ。

ということで「どらむエヴァンゲリヲンPINK」(以下ドラムエヴァ)を初打ちしてきたので完全に主観込みで感想を書いていく。

 

まずはドラムとしてリリースされている以上は既存のドラム機との並列の比較となる。

 

ディスクアッパーではないが、積極果敢にドラムを打つドラマー(赤面)として一番近い感覚なのは「CRドラム海物語」だと感じた。

 

というのも、演出面のみならず通常時8個保留、ショートST+時短とスペック面においてもドラム海物語の気配を感じた。となると、8個保留を活かした先読みなどの演出群になるのは自明の理というところか。

 

 

f:id:kokoronoreel:20180829184447j:image

レイ背景は透過液晶(ハート様の写り込みにはご容赦ください)

 

 

早速結論から書いてしまうが、ドラム海物語を打てる人には全く問題なく打てるだろう。

 

演出含めた打感からしても煽り等のガチャつきもドラム海で許せていた範疇なのだ。なので、8個保留でサクサク回りさえすれば何も考えずに打てて、おバカな私向きの機械であるようにも感じた。(回らなければ地獄だが)

 

 

 

 

しかし、既存のドラム機と比較したものの、これをドラム機とカテゴライズするべきかどうかは意見の分かれる点であろう。

 

この機械はドラムの役割よりもサウンドの役割が非常に強いように感じた。キャラクターの声や効果音、これらによってエヴァの世界観、まるでエヴァ系リーチが液晶がないのに再現されている錯覚に陥る。

 

つまり液晶がないのに音声で液晶演出を再現しているように、根本にあるのは液晶機のエヴァなのだ。

 

ドラムでエヴァを作るわけではなく、液晶機で不振なコンテンツの目先を変えるためだけ。ドラムの魂を感じないと思うドラマーがいるかもしれない。

 

まだ打ち込みが足りてないため、これから如何ようにも評価は変わると思われる。割とTV版に寄せたサウンドでリーチを演出している点は老害としては嬉しい限り。

 

最後に"時短の煽りは酷い"ということを心に留めておくと精神衛生上良いのかもしれない。

 

そういう伝統を踏襲するのはやめろよマジ。

 

 

(了)